銀行カードローンDB > 銀行カードローンの豆知識 > 改正貸金業法 > 総量規制の除外・例外とは

総量規制の除外・例外とは

改正された貸金業法によって、総量規制が導入されましたが、除外・例外となる貸付(ローン)があります。
除外の貸付(ローン)とは、総量規制の対象にはなりません。
例えば、住宅購入またはリフォームのためのローン、自動車購入時の自動車ローンなどです。
これらの貸付(ローン)は、同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。
次に、例外の貸付とは、除外とは異なります。貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の1/3を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるというものです。

具体的な総量規制の除外・例外は以下の貸付になります。

総量規制の除外となる貸付

・住宅購入またはリフォームのためのローン(そのためのつなぎ融資を含む)
・自動車購入時の自動車ローン
・高額療養費のローン
・有価証券担保ローン
・不動産担保ローン
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
・手形(融通手形を除く)の割引
・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
(施行規則第10条の21第1項各号)

総量規制の除外となる貸付

総量規制の例外となる貸付

・顧客に一方的有利となる借換え
・緊急の医療費の貸付け
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
・配偶者と併せた年収の3分の1以下のローン
・個人事業者に対するローン
・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
(施行規則第10条の23第1項各号)